【サッカー人気3位】総力結集でポステコグルー前監督退任とい…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

三國ケネディエブスが振り返る前節甲府戦の失点シーン。「シュートコースを切りながら寄せられれば…」【7/21 練習後コメント】(21.7.21)

前節甲府戦の失点シーンについて三國ケネディエブスが振り返った。

 

――甲府戦は最初の1点が重くのしかかりました。最初の失点シーンの対応は。

「僕がボールがこぼれるのを予測していなかったこと。こぼれたときに少し反応が遅れたことだと思います。シュートを打つ選手にそのまま行ってしまったのですが、ゴールへのシュートコースを切りながら寄せられれば足に当てて失点を防げたと思います」

――そこをアラートにやる。

(残り 1183文字/全文: 1385文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ