【サッカー人気4位】リカルド監督「逆転勝利が多くなかったの…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

現状を打破する3バックもあり⁉【23節までの振り返り with 堀田利明(後編)】(21.7.25)  

前編に引き続き、作新学院大学サッカー部監督であり、栃木SCのOB堀田利明さんに2試合前の新潟戦と前節の甲府戦を見てもらい、現状のチームの課題や後半戦の展望についてあれこれ聞いた。

 

前編はこちら≫≫≫後半戦の勝負のキーワードは「栃木のサッカーを貫き通せるか」

 

▼今季のJ2は上位と下位の力量差が顕著

――新潟のほか、京都、長崎といった上位勢も栃木をしっかり対策してやり切ってきた感があります。

「そうですね。栃木を走らせるようなボールの動かし方をしながら、足を止まった瞬間を見逃さずに攻撃を仕掛けてきていました。J2の上位勢は相手の様子をスタジアムの上の席からスカウティングして随時対応できるのも大きい。上からリアルタイムでスカウティングをしてベンチにインカムで伝えるなどしているのですが、クラブとしての体力の差が出ているところでしょうね」

(残り 4624文字/全文: 5001文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ