【サッカー人気2位】先制点で重要な「そこに立っていた選手」…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

残り19試合をいかに戦うか。攻守の課題や残留争いを展望する。【Column】(21.8.4)

▼全体の展望

残りの19試合も、相手はしっかりと栃木対策をして臨んでくると予想される。いかに戦うか。

この中断期間中に”攻撃”に重きを置いて取り組んでいるのはチームとして前進するためだ。相手が栃木のロングボールを主とする攻撃に対抗するため、あらかじめ対人に強い選手を置いたり、あらかじめラインを深く取ったりすることが予想されるなかで、単純なロングボールの力づくの攻撃だけでは埒が明かないことをすでに露呈しているためだ。

 

やるべきことを変えることはないだろう。

(残り 4115文字/全文: 4342文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ