【サッカー人気1位】ゼロトップはOK、しかし・・・ シーズ…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「選手たちは気持ちが入ったプレーをしていたし、正直勝点3が取れなかったのは悔しい」【J2第30節 水戸ホーリーホック戦後のコメント】(21.9.18)

2021明治安田生命J2リーグ第30節

2021年9月18日18時キックオフ カンセキスタジアムとちぎ

入場者数 2,676人

栃木SC 0-0 水戸ホーリーホック

(前半0-0、後半0-0)

得点者:

天候 雨
気温 23.6℃
湿度 90
ピッチ 水含み

<スターティングメンバー>

GK 50 オビ パウエル オビンナ
DF 33 黒﨑 隼人
DF 5 柳 育崇
DF 36 乾 大知
MF 49 溝渕 雄志
MF 14 西谷 優希
MF 25 佐藤 祥
MF 44 谷内田 哲平
FW 31 豊田 陽平
FW 34 有馬 幸太郎
FW 32 畑 潤基

控えメンバー
GK 1 川田 修平
DF 20 三國 ケネディエブス
MF 10 森 俊貴
MF 23 植田 啓太
MF 41 松本 凪生
FW 19 大島 康樹
FW 29 矢野 貴章

63分 谷内田→森
63分 有馬→矢野
79分 畑→大島
90+5分 西谷→松本

 

■田坂和昭監督

「今年最後のダービーに向けてサポーターが色々なメッセージをクラブに預けてくれ、それをクラブスタッフたちがクラブハウスに170枚くらいですね、張り出してくれて、今までにないようなダービーの雰囲気を作ってくれました。選手たちは気持ちが入ったプレーをしていましたし、正直勝点3が取れなかったのは悔しいです。シュート数こそ同じですが、我々のほうが決定的なシーンは作っていたと思います。守備もみんなで守りながら攻撃でも狙い通りの形を作っていたので、本当に悔しいなと。サポーターのためにダービーを勝ちたかったです。ゲームとしては相手の中央攻撃を警戒していたのですが、シンプルに背後を狙ってくるところがあったので、プレスのスイッチも行くときと後ろに整えるときとをうまく使い分けながらやれていたと思います。最後に危ない場面はありましたけれど、そんなに怖さはなかったので逆に攻撃でいかに仕留めるかを考えていました。前半から谷内田のシュートとか、最後の(大島)康樹とかクロ(黒﨑)とか決定的なシーンはいくつかあったので、そういうシーンで決め切れなかったことは次の課題だと思っています」

――カウンターシーンや繋いで崩せるシーンもありましたが、決め切れなかった要因は。

(残り 850文字/全文: 1768文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ