【サッカー人気2位】学んだことを生かすべきゲーム 出せるも…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「選手たちはやろうとすることはよくやってくれたが結果が伴わなかった」【J2第31節 京都サンガF.C.戦後のコメント】(21.9.25)

2021明治安田生命J2リーグ第31節

2021年9月25日18時30分キックオフ サンガスタジアム by KYOCERA

入場者数 4,703人

京都サンガF.C. 2-0 栃木SC

(前半1-0、後半1-0)

得点者:28分 荻原拓也(京都)、65分 宮吉拓実(京都)

天候 曇り
気温 25.5℃
湿度 56
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 50 オビ パウエル オビンナ
DF 33 黒﨑 隼人
DF 5 柳 育崇
DF 36 乾 大知
MF 49 溝渕 雄志
MF 14 西谷 優希
MF 25 佐藤 祥
MF 10 森 俊貴
FW 31 豊田 陽平
FW 34 有馬 幸太郎
FW 32 畑 潤基
控えメンバー
GK 1 川田 修平
DF 20 三國 ケネディエブス
MF 13 松岡 瑠夢
MF 23 植田 啓太
MF 41 松本 凪生
FW 19 大島 康樹
FW 29 矢野 貴章

46分 森→矢野
71分 有馬→植田
75分 佐藤→松本
75分 豊田→松岡
82分 畑→三國

 

■田坂和昭監督

「悔しい敗戦ですが、この一週間、京都に対して準備してきたことで、できたことと、できなかったことがあり、それが勝敗を分けたと思います。それはトレーニングを積み重ねるしかないし、より精度を高めていかないといけないと思います。守備についてはコミュニケーションを取りながらうまくプレスをハメていました。できなかったところはウタカ選手を抑え切れずに1点目をやられてしまったことです。攻撃面ではカウンターには行けましたがフィニッシュに行くシーンが少なかったと思います。ただサイド攻撃については何度かいいクロスを上げられていましたが、やはり最後を決め切れなかったゲームでした。その精度をもう少し上げる必要があるし、また次に向けて準備していきたいと思います」

――攻撃面について谷内田選手が出場できないなかで、森選手を起用しました。

(残り 899文字/全文: 1686文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ