【サッカー人気3位】【山雅探報】これからの松本山雅を本気で…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

柳育崇「勝点3を獲りたかった気持ちはありますが、最低限の勝点1を獲れたことは大事」ほかジュニーニョ【J2第34節 ジュビロ磐田戦後のコメント】(21.10.17)

2021明治安田生命J2リーグ第34節

2021年10月17日14時キックオフ カンセキスタジアムとちぎ

入場者数 8,209人

栃木SC 1-1 ジュビロ磐田

(前半1-1、後半0-0)

得点者:17分 柳育崇(栃木)、44分 大井健太郎(磐田)

天候 曇
気温 17℃
湿度 73
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 50 オビ パウエル オビンナ
DF 33 黒﨑 隼人
DF 5 柳 育崇
DF 36 乾 大知
MF 49 溝渕 雄志
MF 14 西谷 優希
MF 25 佐藤 祥
MF 44 谷内田 哲平
FW 29 矢野 貴章
FW 31 豊田 陽平
FW 32 畑 潤基
控えメンバー
GK 1 川田 修平
DF 20 三國 ケネディエブス
MF 11 ジュニーニョ
MF 23 植田 啓太
MF 41 松本 凪生
FW 19 大島 康樹
FW 34 有馬 幸太郎

73分 谷内田→ジュニーニョ
73分 豊田→有馬
90分 畑→大島
90+5分 三國

 

 

■柳育崇

――90分間を振り返るとどんな感想でしょうか。

「相手のパワーを感じながらもチームでどう戦うのか、ピッチに入る前も入ってからもみんなで話しながら戦えたことが勝点1に繋がったのかなと思います」

(残り 1275文字/全文: 1790文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ