「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

バトルで上回れ。走力で上回れ。勝ちたい意志で上回れ。【J2第37節 ジェフユナイテッド千葉戦 プレビュー&コラム】(21.11.2)

前節はホームで山形に1対2で惜敗。勝点は38のまま、残りは6試合。今節は再びホームで戦うことができる。相手は9位の千葉。中2日という日程ゆえにタフな試合になるだろうが、何としても連敗を阻止し、勝点を掴んで前進したい。37節栃木対千葉は栃木県グリーンスタジアムで3日14時にキックオフを迎える。

 

PICK UP 勝負を決めろ! 飛び道具は炸裂するか?

 

▼中2日の試合のメンバー選考は?

中2日の場合は疲労の回復を待つというコンディション調整くらいしかできない。中3日とは異なる。

今節は栃木が中2日、千葉が中3日というレギュレーション。その意味でも厳しくタフな戦いになるだろうが、フレッシュなメンバーに入れ替えたり、勝ちたい意志の強さで相手を上回ったりしながら対処するほかないだろう。

イレギュラーなシーズンとなった昨季は”超”と言える過密日程だった。

「(その経験は)生かせますね。身体もきつい中、集中を切らさないためにも声を掛け合うことが1番大事だと思います」と黒﨑。

幸い、前節山形戦は17℃程度と涼しい気候の中だったし、今節は試合中は20℃程度になりそうだが、これならば中2日でも問題なく最後まで走り切れるかもしれない。

 

(残り 2372文字/全文: 2883文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ