今年のJ2大展望LIVE(1/18(火)22時)【J論】

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「一試合一試合、目の前の敵を倒すためにみんなで努力してきたからこそ、今日もこうした結果が出たのだと思います」【J2第41節 ギラヴァンツ北九州戦後のコメント】(21.11.28)

2021明治安田生命J2リーグ第41節

2021年11月28日14時キックオフ ミクニワールドスタジアム北九州

入場者数 5,638人

ギラヴァンツ北九州 1-2 栃木SC

(前半0-1、後半1-1)

得点者:27分 柳育崇(栃木)、80分 佐藤祥(栃木)、90+2分 西村恭史(北九州)

天候 晴
気温 16.9℃
湿度 22
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 50 オビ パウエル オビンナ
DF 22 小野寺 健也
DF 5 柳 育崇
DF 36 乾 大知
MF 33 黒﨑 隼人
MF 17 山本 廉
MF 25 佐藤 祥
MF 49 溝渕 雄志
FW 11 ジュニーニョ
FW 29 矢野 貴章
FW 10 森 俊貴
控えメンバー
GK 1 川田 修平
DF 20 三國 ケネディエブス
MF 14 西谷 優希
MF 16 菊池 大介
FW 31 豊田 陽平
FW 32 畑 潤基
FW 34 有馬 幸太郎

62分 小野寺→西谷
62分 ジュニーニョ→有馬
76分 山本→畑
76分 森→菊池
88分 溝渕→三國

 

■田坂和昭監督

「今回の試合で残留が決まったことについて、すべての皆さまに感謝したいです。今日もこのスタジアムに多くのサポーターが駆け付けてくれました。また栃木に残って応援してくれているサポーター、我々を常に支えて下さっているスポンサーの皆さまに感謝したいと思います。今日は苦しいゲームになるとわかっていましたし、簡単なゲームにはならないと思っていました。あまり立ち上がりは良くなく、15分くらいまでは我々らしいサッカーはできませんでしたが、それ以降はチームでやることを徹底しようということで選手たちが反応してくれました。そこでCKから先制点が取れました。前半のラスト10分くらいは緩いプレーもあったので、まだまだ修正しないといけませんが、後半については勝ちたい気持ちが全面に出ていたし、セカンドを拾えていました。すべてが良かったわけではありませんが、こうして勝点3が奪えたことは選手たちが頑張った証拠だと思っています。いつも選手たちには伝えていますが、ここに来ているメンバーだけではなく、栃木に残っているメンバーも含めてみんなで準備し、この北九州戦に臨みました。ラストにホームで琉球との試合がありますので、またみんなで準備をして良い結果を出せるように頑張りたいです」

(残り 1109文字/全文: 2080文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ