「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

後半はばっちり守備をハメて栃木らしさを取り戻す。今度はあれを90分間。【J2第10節 ロアッソ熊本戦 レビュー】(22.4.18)  

2022明治安田生命J2リーグ第10節

2022年4月17日14時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム

入場者数 2,618人

栃木SC 1-1 ロアッソ熊本

(前半1-1、後半0-0)

得点者:2分 黒﨑隼人(栃木)、4分 竹本雄飛(熊本)

天候 晴
気温 16.6℃
湿度 49
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 41 藤田 和輝
DF 35 鈴木 海音
DF 18 大森 渚生
DF 16 カルロス グティエレス
DF 30 福森 健太
MF 3 黒﨑 隼人
MF 4 佐藤 祥
MF 7 西谷 優希
MF 14 谷内田 哲平
FW 17 山本 廉
FW 29 矢野 貴章
控えメンバー
GK 1 川田 修平
DF 22 小野寺 健也
MF 23 植田 啓太
FW 19 大島 康樹
FW 21 トカチ
FW 32 宮崎 鴻
FW 38 小堀 空

66分 山本→トカチ
84分 矢野→宮崎
84分 谷内田→小堀

 

▼前半はボールを奪えずに我慢の展開に

前半は守備がハマらずに終始劣勢だったが、修正した後半は終始ペースを握った。

やはり、栃木が浮上するためのポイントは守備に違いない。後半は巧みな熊本にサッカーをやらせなかった。そしてマイボールにすれば繋いで崩してフィニッシュまで運んだ。

次節ホームに迎える無敗の首位横浜FC戦を前に良い感触を掴めたかもしれない。

 

2分のCK。谷内田の正確なキックに黒﨑が後方から飛び込んで先制に成功した。完全なフリーを作った見事なデザインプレーだった。

だが4分、熊本にファーストチャンスを決められる。相手FWに走られてグティエレスをサイドに引っ張り出された刹那、ゴール前で竹本に頭でねじ込まれた。

15分も過ぎるとゲームは落ち着いたが、前半は終始熊本のペースとなった。

栃木は前線3枚は前から追っているが、その後方のボランチやウイングバックの反応がやや鈍い。映像を見返せば明らかだが、相手のアンカー河原に時間を与え過ぎてしまっていた。

(残り 3911文字/全文: 4729文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ