「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

入ってくれ! 願いは届かず。それでも山本廉は「勝負は次」と前を向く。【トピックス】(22.5.12)

▼いい内容は関係ない。勝たないと意味がない

入ってくれ!

打った瞬間、願った。前節甲府戦の18分。ペナルティエリア内に入り込んで放ったフィニッシュは相手GKの脇をすり抜けたが、山本の願いは届かず、ボールは無情にもポストの内側を跳ね返った。

「チームが勝てていなくて、全員が『誰でもいいからゴールを奪わないと』という気持ちだったし、自分があそこで決めていれば勝っていたと思うと……。チームメイトにも、サポーターにも、申し訳なくて」

前節甲府戦から3日後、取材に応じた山本は、まだ悔しさの中にいた。

(残り 1282文字/全文: 1525文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ