「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

根本凌「チームに馴染み切れていない状況だったので、結果という形で自分を表現できたことは良かった」ほか西谷優希【J2第22節 大分トリニータ戦後のコメント】(22.6.18)

2022明治安田生命J2リーグ第22節

2022年6月18日18時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム

入場者数 3,658人

栃木SC 1-1 大分トリニータ

(前半0-0、後半1-1)

得点者:57分 羽田健人(大分)、90+4分 根本凌(栃木)

天候 曇り
気温 23.8℃
湿度 90
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 1 川田 修平
DF 3 黒﨑 隼人
DF 15 大谷 尚輝
DF 16 カルロス グティエレス
DF 18 大森 渚生
MF 7 西谷 優希
MF 4 佐藤 祥
MF 14 谷内田 哲平
MF 10 森 俊貴
FW 29 矢野 貴章
FW 23 植田 啓太
控えメンバー
GK 41 藤田 和輝
DF 22 小野寺 健也
MF 24 神戸 康輔
FW 19 大島 康樹
FW 21 トカチ
FW 37 根本 凌
FW 9 瀬沼 優司

67分 植田→根本
77分 西谷→トカチ
85分 黒﨑→大島
85分 谷内田→神戸

 

■根本凌

――栃木SCでの初出場、初ゴール、今の率直な気持ちを教えてください。

「率直な気持ちは嬉しいですし、チームに馴染み切れていない状況だったので、結果という形で自分を表現できたことは良かったと思います」

――試合前はどういう整理で入りましたか?

「負けている状況だったので、自分が流れを変えるぞという強い意識はありました」

――最後に得点を奪切れた要因は。

「チーム全体で耐える時間が多いなかで、自分のところにボールが来たらまずボールを失わずにシュートまで行こうと。あのシーンはしっかり足を振ろうと思って、相手に当たりましたが得点になってよかったです」

――これからの意気込みは。

「今日は勝点3が欲しい試合だったし、チームとしてまだまだだと思っているので、一試合一試合、勝点3を積み上げていきたいと思っています」

――ポストプレーもしなやかでしたが、その辺りはいつもどおりの自分のプレーが出せたという感覚ですか?

「そうですね。いつもどおり、練習通り、という意識だったので、いつもどおりでプレーできましたね」

――周りも当ててくれた。

「そうですね。ボールを奪ったときに自分に付けてくれたので自分の強みが活きたと思いますし、そこでボールを失わずに味方を使って、攻撃が繋がっていったことは良かったと思います」

――湘南でくすぶっている状況からいきなり得点を奪いましたが、一個ステージを上がった感覚はありますか?

「出場機会がなくて、でも日々の練習の中で課題に向き合って取り組んでいたし、報われたと思いますが、勝てていない現状があるので勝利に貢献できるように頑張っていきたいです」

――シンプルにあの最後のシュートは得意な形ですか?

「パンチのあるシュートは自分のストロングだと思っているので、僕自身、ファーに打ったのですが、たまたま相手に当たってGKからずれたし、でも得意な形でした」

 

 

■西谷優希

――今日の試合を振り返ると。

「相手は相手の大分さんがボールを保持するのがうまいチームなので、僕たちがどれだけボールを奪える回数を増やせるかを意識した試合でした。いいところもあり、うまくいかないところもあり、という試合だったと思います」

(残り 429文字/全文: 1746文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ