「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

藤田和輝「今までの経験で1本ビッグセーブができるとリズムに乗っていけることもわかっていた」ほか神戸康輔【天皇杯3回戦 横浜F・マリノス戦後のコメント】(22.6.22)

第102回全日本サッカー選手権大会

2022年6月22日19時キックオフ カンセキスタジアムとちぎ

入場者数 3,923人

横浜F・マリノス 0-2 栃木SC

(前半0-0、後半0-2)

得点者:58分 神戸康輔(栃木)、90+1分 ジュニーニョ(栃木)

天候 曇り
気温 23.9℃
湿度 70
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 41 藤田 和輝
DF 3 黒﨑 隼人
DF 22 小野寺 健也
DF 38 小堀 空
DF 40 井出 敬大
MF 17 山本 廉
MF 19 大島 康樹
MF 24 神戸 康輔
MF 33 磯村 亮太
FW 9 瀬沼 優司
FW 21 トカチ
控えメンバー
GK 25 青嶋 佑弥
DF 16 カルロス グティエレス
DF 30 福森 健太
MF 11 ジュニーニョ
MF 18 大森 渚生
MF 7 西谷 優希
FW 32 宮崎 鴻

46分 瀬沼→宮崎
46分 黒﨑→大森
62分 山本→西谷
67分 井出→福森
81分 磯村→カルロス
86分 トカチ→ジュニーニョ

 

■藤田和輝

――試合中には1対1のビッグセーブが何度かありましたが、振り返るとどういう感触でプレーできたでしょうか。

「僕自身はああいった形での1対1は得意な形だったし、自分のストロングな形で良いセーブができたと思います。自分は今までの経験で1本ビッグセーブができるとリズムに乗っていけることもわかっていたので、あの最初の1対1は絶対に止めようと思ったし、良い準備ができたからあのプレーに繋がったかなと思います」

――あのシーンではガッツポーズもありました。

(残り 1947文字/全文: 2603文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ