「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

時崎悠監督「カルロスは警告がリーチだったのでどこかでいないときが来ると想定していた。次は違うことにトライする意味でもポジティブに捉えたい」【J2第24節 モンテディオ山形戦直前コメント】(22.7.1)

■時崎悠監督

――前節岩手戦は序盤、相手が結構前から来る中でちょっと詰まるような感じになりました。

「立ち上がりに相手の背後を狙おうとか、相手を裏返そうとか、そういうことは共通認識で持っていますが、実際にいわてさんがどれぐらいの圧力で来ているのか、来ていないとか、それを感じるのは選手だと思うんです。僕が『裏返せ!』と言ったら全部裏返すチームでは良くないと思っています。

(残り 1699文字/全文: 1882文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ