【サッカー人気1位】未熟さを露呈した逆転負け。自力残留への…

【チャンピオンシップ特集】浦和レッズvs鹿島アントラーズ・ゴールシーン徹底解析ー2014シーズン編

短期集中連載! 過去の浦和レッズvs鹿島アントラーズの全ゴールを分析、そして試合内容を振り返り、来るべきチャンピオンシップ決勝の相手を徹底解析する企画。今回は2014シーズンで激突した浦和vs鹿島のJリーグ2試合を振り返ります。

浦和レッズvs鹿島アントラーズ 2014シーズン対戦成績

浦和 2分

2014年7月27日 Jリーグ第17節

埼玉スタジアム2002

○1−1 得点者:浦=興梠慎三 鹿=柴崎岳

(浦和1点目)20分 得点者:興梠慎三

 

ゴール解説

柏木陽介(⑧)の右コーナーキック。左足から繰り出されたボールは空中戦で競り合う那須大亮(④)の頭上を越えて森脇良太(㊻)の足下へ渡り、その足に当たって前に溢れたボールをGK曽ヶ端準(㉑)が手で触るも、それに反応した興梠慎三(㉚)が押し込んで浦和が先制点を奪取した。

(残り 1436文字/全文: 1789文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »