『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

【無料掲載】2017明治安田生命J1リーグ第3節・ガンバ大阪戦[ミハイロ・ペトロヴィッチ][監督コメント]

○ミハイロ・ペトロヴィッチ監督
最終的に我々がアディショナルタイムで1-1の同点に追いついたという結果だけを見れば、我々は1ポイントを取って、非常によかったという風に思われるかもしれません。おそらく、明日のメディアの記事には「浦和、最後においつく」というものが出て、1ポイントを取ったことに対する評価がいい風に出ると思いますが、ただ、試合全体を振り返ってみれば、ガンバという強いチームに対して浦和は狙いとするサッカーが非常にうまく出せた内容だったと思っています。

今日、日曜日のJ1開催ということで、唯一我々がJ1として戦い、たくさんの方がスタジアムに見に来たと思いますし、たくさんのサッカーファンの方がテレビで見ていたと思います。非常に強いガンバに対し、我々が非常に多くのチャンスを作り、非常にいい形の攻撃をたくさん見せられたゲームだったと私は思っています。残念ながら、相手に少ないチャンスで得点され、追いかける難しい展開になりましたが、たとえ今日、同点に追いつけなくて負けたとしても、私は同じコメントをしていたと思います。今日、我々は素晴らしいゲームをできた、たとえ今日勝利できなかったとしても選手が見せてくれたパフォーマンスは素晴らしいものだったと褒めたい。これからも浦和はこういったサッカーを続けていかないといけないと思っています。

ガンバというチームは経験のある強いチームであり、洗練されているチームですが、そのチームを相手に選手たちは戦術を理解して、ピッチでバランス良くポジションを取りながら相手の守備をかいくぐってチャンスを作っていたと思います。今日、もちろん勝利できなかったことについては満足していませんが、今日見せたサッカー、我々の狙いに関しては非常に満足している部分があります。サッカーにはいろんな見方がありますし、みなさんにそれぞれの評価があると思いますが、私は監督として今日のゲームをそう振り返っています。

Q 今日は通常の形ではなく2トップと1トップ下だったが、その意図は? また、最後に李選手が交代しようとした際に、代える選手が阿部選手に見えた。阿部選手はJ1でフルタイム出場を続けているが、個人の記録よりもチームのことを考えた?
ガンバは今シーズンに入ってから、やり方を変えてきていて、ガンバと浦和のこれまでの試合ではガンバは違う戦術で戦うことが多かったですが、今回に関してはガンバが我々に対してこれまでとは違う戦い方をしてきました。ガンバの強さ、良さを消す、そういう戦い方を我々は今日選択しました。ただ、相手の良さを消すだけでなく、自分たちの良さを出していくという、それは言うのは簡単ですけど非常に難しい戦術ですが、それを選手たちはしっかりと実行してくれました。これまでは3-4-2-1という形でしたが、今日は前に2枚いたので、より攻撃的だと言ってもいいかもしれません。

日本は非常にそういった記録を重視し、それを重宝する、それを楽しみにしている方がいるのは非常によくわかっています。50歳で得点された方に関しても、非常に楽しみにされている方がいることもよく分かっています。ただ、私自身はそういった記録よりも、単純にチームの勝利を考えている人間です。ただ、阿部選手が連続出場していることは、その瞬間、私の頭から離れていた部分もあります。

« 次の記事
前の記事 »