【サッカー人気4位】オビ・パウエル・オビンナが横浜F・マリ…

浦研+MOVIE FUKUDA’EYE 2017 第26回ーズバリ、失点が多い理由を分析!

福田正博さんが、浦和レッズのゲームの中からキーポイントになったシーンを切り取り、ボードを駆使して詳細解説、またはチームの現状を詳細に分析する連載企画。浦研+MOVIE。

第26回となる今回は、2017シーズンの浦和レッズの失点数増加について福田正博氏が分析、考察します。リーグ随一の得点力を誇る浦和ですが、今季は相手の攻撃に晒されて失点するケースも頻発。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督が目指すチームコンセプト、システム、戦術の狙いを考察し、プレー面での問題点、改善点などを専門的な見地で紐解きます。

本動画の主要ポイント!

POINT 1  原点回帰?

POINT 2  浦和の基本戦術をおさらい

POINT 3  攻守で変化する可変システム

POINT 4  後方でのビルドアップ

POINT 5  中央、サイドの攻撃の使い分け

POINT 6  『4枚回し』、『3枚回し』の意味

POINT 7  本日の肝! なぜ相手カウンターを受けるのか?

POINT 8  フィルターが掛かるか

POINT 9  セントラルスペースを如何に埋めるか

POINT 10 攻撃と共に守備の備えを!

動画は会員の方のみ視聴可能です。入会案内はこちら

(残り 90文字/全文: 574文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »
日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック