【サッカー人気1位】マリノスが川崎フロンターレ化⁉ FC東…

浦研+MOVIE FUKUDA’EYE 2017 第29回ー堀孝史監督の狙いを考察 part2

 

福田正博さんが、浦和レッズのゲームの中からキーポイントになったシーンを切り取り、ボードを駆使して詳細解説、またはチームの現状を詳細に分析する連載企画。浦研+MOVIE。

第29回となる今回は第28回に引き続き、堀孝史監督がチームに持ち込み、改善、修正を図ろうとしている戦術、戦略、選手起用の意図などを福田正博氏が分析、考察します。3-4-2-1から4-1-4-1に変更したことで生まれた新たな形。選手が担うべき役割と求められる特性。前体制を踏襲している部分、新たに目指そうとしている戦略、戦術などを福田氏独自の視点で紐解きます。

本動画の主要ポイント!

POINT 7  前から守備を機能している?

POINT 8  コンパクトネスとは?

POINT 9  アンカーは動かないほうがいい!

POINT 10 マンネリ感からの脱却

POINT 11  仙台戦で見られた守備戦略

POINT 12  前に人数を割く

動画は会員の方のみ視聴可能です。入会案内はこちら

(残り 113文字/全文: 529文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »
日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック