2018JリーグYBCルヴァンカップ・グループステージ第6節・サンフレッチェ広島戦[長澤和輝][選手コメント]

●長澤和輝

 ゴールに近いところでプレーすることは意識していました。李選手は足下にボールが入ったらタイミング良く降りてきてくれますし、簡単に正確に落としてくれるので、彼に入ったときにできるだけ早くサポートに行こうとは意識していました。

Q シュートの意識というのは、より感じていた部分なのでしょうか?

(残り 554文字/全文: 700文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »