【サッカー人気3位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

【2018シーズン振り返りコラム】見事だったオリヴェイラ監督のチーム構築

就任直後は苦しむ

 オズワルド・オリヴェイラ監督のチーム構築は理路整然としている上に、非常に慎重だった。

 オリヴェイラ監督が初めてチームを率いた2018年4月25日のJリーグ第10節・柏レイソル戦は0-1で敗戦し、続く第11節・湘南ベルマーレ戦も同スコアで落とした。堀孝史監督の契約解除を受けて指揮を執った大槻毅暫定監督は公式戦を4勝2分で乗り切っていただけに後を引き継いだオリヴェイラ監督のプレッシャーは甚大だった上に、第12節・川崎フロンターレ戦で快勝した後の第13節・鹿島アントラーズ戦で敗戦した流れも良くなかった。

(残り 2442文字/全文: 2700文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »