サッカーパック『今週の宇都宮徹壱おすすめ3本』

【福田正博】FUKUDA’S EYE−浦和の序盤戦。外国籍選手の力を憂慮

守備に立ち返ったのは良い選択

 2019シーズンのJリーグは序盤戦の4試合を終えたところで国際Aマッチウィーク開催による中断期間に入った。現在の首位はFC東京で、2位が第4節でFC東京との直接対決で敗れた名古屋グランパス。そして3位は今季J2から昇格してきた大分トリニータ。そして浦和レッズは最初の2試合で1分1敗と躓きながらも、その後連勝して8位に付けている。

(残り 2994文字/全文: 3173文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »
日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック