今だから明かせるJ2のキーマン対策法。戦術家・北野誠のスカウティングレポート(J論)

原点回帰で得た勝ち星は、スタイル徹底のきっかけになるか?【島崎英純】2019Jリーグ第7節・ガンバ大阪戦レビュー

強固な守備への意識

 浦和レッズが手堅い守備組織を形成するのは戦前の予測通り。ノーマルなシステムは3-3-2-2だが、守備時には3バックの横に両サイドアタッカーが並ぶラインを築き、その前にはアンカー・青木拓矢の右にエヴェルトン、左に柏木陽介のトリプルボランチに加えて2トップの一角である武藤雄樹が右側に入り込んで4人のミドルラインを維持した。そして最前線には興梠慎三がひとりで構えている。3ラインというよりも『5-4』のツーラインがディフェンスブロックを維持する形で、各選手は距離感を保ちやすかったはずだ。

(残り 4096文字/全文: 4347文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »
日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック