【サッカーパック人気2位】 【J2うぉっち】[夏の移籍を総括]J2上位争い編

【コラム】攻撃閉塞の理由と、その改善策

なぜ攻撃が機能しない?

 浦和レッズの攻撃構築不備が一向に改善されない。今季公式戦で最もゴールを挙げたゲームはAFCアジア・チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)戦での3得点(3-0)。ちなみに、このときの先制点がゼロックス・スーパーカップの川崎フロンターレ戦を含めた公式戦4試合目にしてチームの今季初ゴールで、柏木陽介の左CKから槙野智章がヘディングで仕留めたセットプレーからだった。ただ、着目したいのはその後の得点で、いずれも右サイドアタッカー・橋岡大樹が流れの中から決めたもの。このうち3点目の得点パターンは今後のチームにとって重要な改善ヒントが含まれているので後述する。

(残り 4506文字/全文: 4813文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »
日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック