【サッカーパック人気3位】 エジガル・ジュニオはこれで11点目。コツコツと地道に積み上げていっての…

チームバランスを崩して痛恨の逆転負け。浦和に示された課題【島崎英純】2019AFCアジア・チャンピオンズリーグ・ノックアウトステージ・ラウンド16第1戦・蔚山現代戦レビュー

選手の入れ替えを敢行

 浦和レッズは前節のサガン鳥栖戦から5人のメンバーを入れ替えて臨んだ。GKは西川周作、3バックはリベロに鈴木大輔を擁し、右に岩波拓也、左に槙野智章のセット。ダブルボランチは青木拓矢と、大槻監督体制では初出場となるエヴェルトンが組んだ。そしてサイドアタッカーは右に森脇良太、左には、これまた大槻監督体制で初スタメンとなる山中亮輔。そしてシャドーは武藤雄樹と興梠慎三が務め、1トップにはエヴェルトン、山中と共に新体制で初めてチャンスを得た杉本健勇が入った。

 ある意味斬新なターンオーバーだ。相手は韓国Kリーグで全北現代に次いで2位に付ける蔚山現代で、ACLのグループステージで川崎フロンターレらを下して楽々ノックアウトステージへの進出を決めた強豪である。そんな相手に対して、大槻監督はホーム&アウェーのタイト勝負で選手をセレクションして試合に臨んだ。

(残り 4981文字/全文: 5362文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »
日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック