【サッカー人気2位】緊急事態宣言解除、ひらちゃんインタビュ…

繰り返される様相の変化。ドローに安堵してはならない【島崎英純】2019Jリーグ第27節・サガン鳥栖戦レビュー

消極的だった鳥栖

 土壇場でドローに持ち込んだから良しとしてはならない。前半にあれだけ相手を圧倒して2点のリードを奪いながら後半に一時逆転を許した事実を重く捉えねばならない。今の浦和レッズは相手次第で千差万別にチーム力が変化する。残留争いを強いられる前から、現体制には確固たるチームコンセプトがないから、相手のアクションによって劇的にプレー内容が変わってしまう。

(残り 5292文字/全文: 5471文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »
日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック