【サッカー人気1位】期限付き移籍選手の定点観測:名古屋グラ…

活性化したハーフレーン。浦和、逆転で『6ポイントマッチ』を制する【島崎英純】2019Jリーグ第28節・清水エスパルス戦レビュー

ポゼッションで優位に立つも…

 浦和レッズは週末の練習を欠席していたファブリシオに代えて武藤雄樹が先発した以外はAFCアジア・チャンピオンズリーグ・ノックアウトステージ準決勝第1戦・広州恒大戦と同じ布陣で臨んだ。浦和は定型の3-4-2-1で、対する清水エスパルスは篠田善之監督が一貫して用いる4-2-3-1で対峙した。

(残り 4579文字/全文: 4736文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »
日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック