【サッカー人気1位】田坂和昭監督「この一戦に懸ける思いが相…

ワンサイドだった試合展開。浦和はドローを受け入れねばならない【島崎英純】2019Jリーグ第31節・サンフレッチェ広島戦レビュー

双方ベストメンバー

 浦和レッズがAFCアジア・チャンピオンズリーグ決勝に進出したことでリスケジュールされた一戦。両チームは現状のベスト布陣で対峙し、浦和は残留へ向け、サンフレッチェ広島は首位・FC東京との勝ち点差を縮めるべく緻密なゲームを展開した。

 システムは浦和、広島ともに3-4-2-1のミラーゲーム。各エリアでマッチアップが発生するシチュエーションで、1対1の個人勝負はもちろん、チーム全体の攻撃、守備の組織力が問われる流れとなった。

(残り 4520文字/全文: 4738文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »
日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック