【サッカー人気3位】柳育崇「チームとして支えて、切り替えて…

猛威に晒され、最小得点差で敗戦。崩壊した守備、第2戦への課題【島崎英純】2019AFCアジア・チャンピオンズリーグ決勝第1戦・アル・ヒラル戦レビュー

正真正銘のアウェーで

 サウジアラビアの首都リヤドにある25,000人収容のサウード国王大学スタジアムは超満員。以前の中東地域は白い民族衣装の『カンドゥーラ』を着る男性で埋め尽くされたが、ホームのアル・ヒラルサポーターは半分以上が青いレプリカユニフォームを着ていて、この日は青と白のコントラストを描き、かつての中東とは異なる雰囲気を醸していた。

 しかし、アウェーの浦和レッズも負けていなかった。今回の一戦に駆けつけたサポーターは約500人に達し、彼らはメインスタンドの一角に設けられたアウェーエリアで大声援を送り、チームはその後押しを受けながら決戦の場へと足を踏み入れた。

(残り 4334文字/全文: 4617文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »
日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック