【サッカー人気4位】【新東京書簡】第七十二信『Zoom取材…

【2020浦和レッズ沖縄キャンプ・コラム】トレーニングマッチを通して見えた、大槻毅監督のチーム構築の狙い

プレシーズンのキャンプからチーム作りを進められる大槻毅監督が、今季のチームビルディングを進捗させている中で、最大の焦点が4ー4ー2の新布陣採用だろう。今季初の対外試合となった沖縄SV(九州リーグ所属)とのトレーニングマッチは、30分×3本という変則マッチで実施された。トータルスコアは11-0という圧勝劇だったが、実際にピッチ上に反映された試合内容や選手たちの肉声を交えながら、大槻監督によるチーム作りの意図を探っていく。

(残り 2635文字/全文: 2846文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »
日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック