【サッカー人気3位】ワクワクするスタメンと反する結果、レノ…

【コラム】縦関係、インナーレーン…。今季2試合で得たポジティブな事象などを考察[攻撃編]

 

攻撃の狙いとは…

 新型コロナウイルス感染症の対策に関連し、今後の急速な拡大を防ぐことを目的に、2月26日(水)から3月15日(日)に開催予定の2020明治安田生命Jリーグおよび2020JリーグYBCルヴァンカップのすべての試合について、開催延期を決定したJリーグ。その影響により、浦和レッズは2月26日から29日までの4日間をオフ期間とし、本日、3月1日から再びトレーニングを再開した。

 今後、チームは17日間の月日を経て、新型コロナウイルスの発生状況を鑑みつつ、リーグ再開後初戦の3月18日、Jリーグ第5節・ベガルタ仙台戦へと臨む。そこで今回は、今季すでに消化した公式戦2試合を通して浮かび上がったチームの課題点、そしてポジティブな事象を挙げながら、どんな修正を施し、長所を一層際立たせるべきかに焦点を当ててみたい。今回は主に今季の浦和の攻撃戦術について。

(残り 3043文字/全文: 3421文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »
日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック