【サッカー人気4位】期限付き移籍選手の定点観測:名古屋グラ…

【戦術考察コラム】4バックディフェンスの基本概念を今一度整理ー『スライドディフェンス編。そして橋岡大樹への期待』

4バックのディフェンス・スキーム

 今季の浦和レッズが採用する4-4-2システムは、昨季まで用いていた3-4-2-1とは異なる攻守の約束事や組織的ベースが存在する。今季、浦和が戦った公式戦はYBCルヴァンカップ・グループステージ第1節・ベガルタ仙台戦とJリーグ第1節・湘南ベルマーレ戦の2試合だったが、得点は5点、3点の総計8得点と素晴らしい数字を刻んだ一方で、失点はいずれも2失点の総計4失点と課題を残した。そこで今季の浦和がどのような守備戦術を用い、チーム全体でディフェンスコーディネイトを施そうとしているのか、その基本概念を整理してみたい。

(残り 2912文字/全文: 3183文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »
日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック