【サッカー人気4位】【J1注目マッチ】名古屋vs浦和:”ウ…

【無料記事】浦研的日日是好日-『Jリーグの再開時期が延期されました』2020.03.25

近所の商店街は人影もまばらですが、それでも食料品などを買い出しには行けます。左側に写っているのは毎日屋外で野菜や果物を販売しているお店です。今でも店員のおじさんの威勢のよい声が響いています

ヨガを始めました

 僕の住むドイツ・フランクフルトは外出制限が始まっています。市内のショップは閉鎖され、レストランもテイクアウトやデリバリー以外のサービスは当面禁止となりました。ただ、現在はスーパーマーケットなどの食料品店や薬局、銀行、郵便局など、日常生活に必須なお店は開いており、食料を買いに行くなどの用事や、ひとりでの散歩などは許可されているので、それほど息苦しさを感じることはありません。何より、ここ1週間のドイツは快晴が続いていて、昼間に部屋の窓を開けると春めいた爽やかな風が吹き込んで気分をリフレッシュさせることができています。

 ほとんど室内に籠もっているので、最近は身体のストレッチを兼ねてヨガを始めました。『Youtube』で検索して初心者向けのものからトライしているのですが、これがなかなか良いんですよね。初日は翌日に筋肉痛が起きて大変でしたが(笑)、2日目以降は身体もほぐれてきて、いろいろなポーズを取れるようになりました。今は朝から仕事をして、夕暮れ時にヨガ、その後にお風呂に入ってから夕食というルーティーンなのですが、室内作業に終始しているわりにはご飯が美味しく感じられています。

 3月25日の今日、Jリーグは各クラブの代表者によるウェブ会議を行い、4月3日からのリーグ戦再開を諦め、再延期することを決めました。現状ではJ1が5月9日、J2が5月2日、そしてJ3は4月25日からの開催を目指すことで合意したそうです。J3を4月下旬に再開させるのは観戦客が少ないことが見込まれることから先行して再開し、新型コロナウイルス対策のベースラインを確立させたいからだと思われます。また各カテゴリーのリーグ再開後、2か月程度は遠距離移動を伴うアウェー・サポーターに観戦自粛を求め、スタジアムの観客席は座席の前後左右を空けて使用するといった方針も決めたそうです。ただ『遠距離移動を伴うアウェー・サポーター』というのは、その距離の範囲をどう設定するのか、また、そもそもホームチームのサポーターであっても遠方からスタジアムに訪れる方もいると思われるため、その定義を決めるのに難儀しそうです。

 ただ、今はJリーグが無事に再開され、万全の新型コロナウイルス対策を施して『サッカーのある日常』を取り戻すのが最優先なのですから、サッカーファミリー全体で協力しあうべきだとも思っています。

 先日、坪井慶介さんに電話でお話をうかがいました。坪井さんご自身のこと、新たな仕事への意欲、浦和レッズ在籍時代の思い出、今の浦和について、そしてJリーグで1試合だけ消化した湘南ベルマーレとの第1節を通して見えた、2020年型浦和レッズへの期待や課題などをたっぷり語っていただきました。近日中に記事をアップ致しますので、皆さん、今しばらくお待ちください!

« 次の記事
前の記事 »
日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック