【サッカー人気3位】昇格可能性が消滅。残り7試合への選手た…

2020年型浦和レッズ・ポジション別レイティング[FW編]ー2トップの最適任者は6人いる

ポジション別に各選手の最適ポジションを考察する

 今季の浦和レッズが採用する4-4-2システムで各所属選手が担うべきポジションを考察する。

 考察の手掛かりは、今季これまで消化したYBCルヴァンカップ・グループステージ第1節・ベガルタ仙台戦、Jリーグ第1節・湘南ベルマーレ戦の公式戦2試合、そして沖縄で実施されたキャンプを通しての練習やトレーニングマッチに加えて、各選手がそれぞれ備えるパーソナルティやポテンシャルを独自に評価して当てはめてみた。選手によっては複数のポジションをこなせる可能性もあるが、今回に限っては明瞭さを重視して各選手1ポジションとした。中には負傷によるリハビリなどでキャンプ、公式戦のいずれでもプレーしていない選手がいるが、その対象者に対しても期待値を込めて特定のポジションに据えている。

 それでは、各ポジション毎に候補者を挙げ、その特性や役割について考察してみたい。今回はFW編。

 

(残り 3299文字/全文: 3702文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »
日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック