【サッカー人気1位】実直なプレーで王者に対抗 献身性を見せ…

2020年型浦和レッズ・4-4-2、各ポジションの役割を徹底分析−サイドMF編−キーワードは『インナーポジション』

 浦和レッズの大槻毅監督が今季から採用している4-4-2は非常に興味深いシステムだ。4バック、4MF、2トップの各ユニットが連なる並びはオーソドックスだが、各ポジションの役割には現代サッカーのトレンドを踏襲する部分が垣間見れるし、ある一面では大槻監督独自のメソッドも見え隠れする。そこで今回は、各ポジション毎にその果たすべき役割やシステム上の戦術メカニズム、求められる選手の能力などを詳細に分析したいと思う。

 今回はサイドMFについて。

(残り 2364文字/全文: 2580文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »
日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック