【サッカー人気2位】『真実の時間』へひた走る。決定機逸は課…

勝機はあった。それでも、気になる左サイドの攻撃力減退【島崎英純】2020Jリーグ第12節/ヴィッセル神戸戦レビュー

神戸は斬新なターンオーバー

 ヴィッセル神戸のトルステン・フィンク監督は前節の柏レイソル戦から10人のメンバーを入れ替えた。2戦連続で先発したのはアンカーのセルジ・サンペールだけで、負傷欠場したアンドレス・イニエスタ、トーマス・フェルマーレンの他に、GK飯倉大樹、DF酒井高徳、DF大崎玲央、MF山口蛍、FWドウグラスらが控えに回る斬新なターンオーバーを選択した。ただし神戸側には事情があって、彼らはリーグ戦で3戦連続勝ち星がなく(1分2敗)、来週以降はAFCチャンピオンズリーグ出場による日程変更でミッドウィークにJリーグ第14節の川崎フロンターレ戦が予定され、その後もYBCルヴァンカップやACLの各種カップ戦を消化する影響で週2試合ペースの15連戦に突入している最中だった。

(残り 4078文字/全文: 4416文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »