見えてきた?今年のJ2勢力地図(J論)

【コラム】マウリシオとファブリシオの期限付き移籍。その成否は?

 

(C)Takehiko Noguchi

ふたりはポルトガルへ

 浦和レッズは8月24日にマウリシオ・アントニオとファブリシオのポルトガルリーグ・ポルティモエンセへの期限付き移籍を発表した。移籍期間は2020年9月1日から2021年6月30日までとなっている。

 この時期での外国人選手ふたりの期限付き移籍にはクラブ側の様々な思惑を感じる。今季は大槻毅監督体制の下、クラブサイドが掲げた『3年計画』の初年度で、チームコンセプトの確立に邁進している状況だった。また、新型コロナウイルス流行によるリーグ中断とリーグ、各種カップ戦のレギュレーション変更は様々な影響を与えたはずで、クラブ運営費、チームマネジメント、チームコーディネイトなどの側面から陣容の整備を図る必要があったことは容易に想像できる。

(残り 2194文字/全文: 2609文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »
日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック