【サッカー人気4位】【J2第8節:山形vs長崎】プレビュー…

再び露呈したミスマッチの戦い方。6戦無敗の中で潜む新たなる課題【島崎英純】2020Jリーグ第26節/サンフレッチェ広島戦レビュー

入れ替えは一人のみ

 前節アウェーの大分トリニータ戦から中2日の過密日程で、大槻毅監督は左サイドバックを山中亮輔から宇賀神友弥へ入れ替えた以外はメンバーを代えなかった。GKの西川周作は言わずもがな。左サイドバック以外のバックラインの陣容、橋岡大樹、岩波拓也、槙野智章のセットは最近のリーグ戦無敗が続く中で一切代わらず、セントラルミッドフィルダーの長澤和輝とエヴェルトンは今やチームを支える屋台骨になっている。3-4-2-1でミスマッチする広島に対してサイドMFのマルティノスと汰木康也の攻撃的構成は熟慮を要すると思われたが、ここも変更はなし。2トップの興梠慎三と武藤雄樹はトランジションとフィニッシュの両面で多大なタスクを負っていて、こちらも代えにくい。大槻監督がこの陣容に全幅の信頼を置いているのは明らかで、このゲーム後は次節の横浜F・マリノス戦まで中10日のインターバルがあることから、選手を固定して戦うことを決断したのだろう。

(残り 4292文字/全文: 4706文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »