【サッカー人気2位】阿部勇樹がレッズでプレーし続ける意味、…

【コラム】マルティノス、エヴェルトンとの契約が満了。二人が見せた得難い個性

マルティノスの個性

 師走に入り、Jリーグ各クラブの来季体制関連の情報が随時リリースされている。浦和レッズも12月3日現在で大槻毅監督、そしてマルティノス、エヴェルトンの両選手との契約満了が発表された。今後も何らかの去就情報がアナウンスされるだろうが、毎シーズン、この時期になると感傷的な思いが募る。

 マルティノスは堀孝史監督体制の2018シーズンに横浜F・マリノスから完全移籍。以後、3シーズンに渡って浦和でプレーし、Jリーグ48試合出場5得点、YBCルヴァンカップ8試合出場2得点、そして天皇杯は4試合出場0得点の成績だった。

(残り 2801文字/全文: 3063文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »
日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック