【サッカー人気3位】高くそびえる川崎山脈。止められない三笘…

リカルド・ロドリゲス流サッカーのすべて〜Analysis of “R”style 第4回『2021・浦和レッズ/システム別・適正ポジション(随時更新予定)』

浦和の現有戦力をリカルド・ロドリゲス監督体制のチームシステムに当てはめてみる

前回までは、浦和の新指揮官であるリカルド・ロドリゲス監督が昨季まで率いた徳島ヴォルティスのチームスタイルを攻撃面、守備面の両面から多角的に分析してみた。ただ、ロドリゲス監督は徳島時代に数多くのシステムを使い分けたように、対戦相手や自身のチーム陣容やコンディションなどを加味して、その都度、戦術、戦略を構築するタイプの指揮官であるようにも思う。したがって、今季から指揮を執る浦和レッズでは、また徳島とは異なるチームカラーが標榜される可能性もある。その点を考慮しつつ、今回はひとまず2つのシステムを取り上げて、この度クラブから発表された2021シーズンのトップチーム選手背番号のリストを基に、浦和の現有戦力を各ポジションに当てはめてみたい。ちなみに、このリストはチーム始動後のトレーニングやキャンプの様子や、シーズンが開幕して公式戦を戦っていく間にも適時アップデートしていきたいと思う。

(残り 2830文字/全文: 3259文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »