【サッカー人気1位】互いに長所の裏返しが出たゲーム 浦和が…

2021沖縄キャンプ・6日目:新チーム考察『ポゼッションが目的ではない』

©URAWA REDS

後方ポゼッションの狙い

 2021シーズンの浦和レッズの沖縄キャンプは6日目が過ぎた。今日は本キャンプで初となるトレーニングマッチが組まれ、浦和は例年と同じく、高原直泰氏が代表を務め、沖縄を本拠とする沖縄SVと対戦した。その試合結果は30分3本のレギュレーションで、1本目は小泉佳穂のゴールで1-0、2本目は両チーム無得点の0-0、そして3本目は武田英寿のゴールで1-0だった。詳細なメンバー構成などは非公開だが、このトレーニングマッチの模様と浦和のチーム状況などについては、後ほど現地レポートをお届けする。

 さて、昨日に引き続いて、連日オンラインで取材に応えている各選手のコメントからリカルド・ロドリゲス新監督の目指すチームスタイルを推察してみる。

(残り 1578文字/全文: 1978文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »