【サッカー人気4位】難解なパズルだった“過去の自分たち超え…

前半劣勢から修正を施し、今季公式戦初勝利を挙げる【島崎英純】2021Jリーグ第3節/横浜FC戦レビュー

©URAWA REDS

浦和は現状のベストメンバー

 リカルド・ロドリゲス監督は4日前の前節・サガン鳥栖戦からスターティングメンバーをひとりしか代えなかった。それは田中達也に代わって明本孝浩が名を連ねたもので、第1節のFC東京戦と同じ。ただ、その布陣は小泉佳穂が右MFに入り、明本が杉本健勇と前線でコンビを組んだ4-4-2だった。

 興味深かったのは小泉と明本のポジションの入れ替えだ。明本はハードワークが売りで前線プレスのタスクも献身的にこなすため、鳥栖戦で機能しなかった敵陣でのディフェンスワークを活性化させる意図があった。ロドリゲス監督は試合後にこう語っている。

(残り 5123文字/全文: 5469文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »