【サッカー人気2位】Jリーグを追い続けてきたジャーナリスト…

【FUKUDA’S EYE2021】福田正博:『今季序盤の浦和にはポジティブな印象がある』

福田001

チームスタイルが明確に見える

 今シーズン序盤の浦和レッズについては率直にポジティブな印象を抱いている。リカルド・ロドリゲス監督のサッカーは非常にバランスが良い。攻撃も守備もどちらかに偏っているわけではない。例えば北海道コンサドーレ札幌のミハイロ・ペトロヴィッチ監督のサッカーはとても個性的だけれども、その戦術、戦略には偏りがある。横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督も同じく特徴的なサッカーをしていて、ハイライン、ハイプレスを維持するタイプ。そして、こちらも個性的でやはり偏っている。その点、ロドリゲス監督のサッカーはバランスが保たれていて、ポゼッション志向がありながらも前からプレスを敢行してショートカウンターも仕掛けたりする。また相手に合わせて戦略を練る面もあると感じている。

 Jリーグ第3節の横浜FC戦は少し策に溺れた感もあったが、明本孝浩と小泉佳穂のポジションを代えたり、センターバックの立ち位置を入れ替えたりして、相手を挙動を見てやり方を変えていた。まだ選手たちが上手くリアクションできない面もあって試合を難しくしてしまったが、それでも2得点して元の形に戻したことでチーム状況を改善した点は評価できる。

 今の浦和は自分たちのサッカーを貫くというよりも、相手を見てサッカーをしているように思える。もちろんチーム構築の過程にあるから多少ポゼッションに拘る傾向があるし、そこを突かれて劣勢に陥ったりもするが、監督自身は試合に勝利するための方策をしっかり練っているように見える。

(残り 2759文字/全文: 3401文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »