【サッカー人気5位】リカルド監督「大事なのは次のステージに…

新FWユンカーがデビュー戦ゴール! チームは大苦戦の末のドロー劇【島崎英純】2021YBCルヴァンカップ・グループステージ第5節/柏レイソル戦レビュー

©URAWA REDS

ユンカーが実力の一端を示す

 浦和レッズは新加入FWのキャスパー・ユンカーがスターティングメンバーに名を連ねてデビューを飾った。着目したのは前線のユンカーと杉本健勇の関係性だったが、リカルド・ロドリゲス監督は後方と前方を連結させるために杉本を一段下げ、彼らに縦関係の2トップ形成を指示していたように思う。一方で、バックラインには槙野智章と岩波拓也の両レギュラーセンターバックが入り、まずは守備の安定を目論む意図もうかがえた。

 最近の柏レイソルは3-4-2-1システムを採用している。こちらは明確にターンオーバーを敷いていて、4日前の前節のベガルタ仙台戦からは全員が入れ替わっていた。浦和としては未知の相手との対峙に留意すべきで、相手がどんなプレーアクションを起こすかを観察する必要があった。

(残り 4606文字/全文: 5026文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »