【サッカー人気1位】川端暁彦と五輪GL総括「予定外の事も良…

痛恨のミス連発で逆転負け。それでも、チーム力は向上している【島崎英純】2021Jリーグ第18節/湘南ベルマーレ戦レビュー

©URAWA REDS

3バックチームに優勢

 サイドの攻防をどのように制するか。3-3-2-2システムを用いる湘南ベルマーレに対して、リカルド・ロドリゲス監督が採った策は好戦的なサイドMFの起用だった。右に田中達也、左に大久保智明。ふたりはいずれも1対1のシチュエーションで果敢に勝負できる選手で、彼らを前方縦へ向かわすことで相手サイドアタッカーを後退させ、なおかつ両サイドバックをも前へ張り出し、あわよくば縦のポジションチェンジを仕掛けて3バックの相手ストッパーをサイドエリアへ釣り出そうとした。

(残り 4297文字/全文: 4611文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »