【サッカー人気4位】右サイドバックを争う選手が見せてくれた…

チーム力の差を示し、ターンオーバーで快勝【島崎英純】2021Jリーグ第19節/柏レイソル戦レビュー

©URAWA REDS

9人の入れ替え

 蒸し暑い梅雨の時期。そして前節の湘南ベルマーレ戦から中2日というスケジュールを加味すれば、浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督が9人のメンバーを入れ替えて試合に臨むのは十分予想できた。そもそも指揮官は湘南戦の際にも連戦を考慮した選手起用を行う旨を公言していた。その結果、今節の柏レイソル戦のスターティングメンバーは興味深い人選となった。前節から2戦連続で先発したのはDF岩波拓也とMF伊藤敦樹のふたり。GKは鈴木彩艷に代わって(試合後、クラブによるJリーグエントリー資格認定委員会への未申請によって欠場した旨が報告された)西川周作がゴールマウスを守り、バックラインは右から宇賀神友弥、トーマス・デン、岩波、山中亮輔のセット。ダブルボランチには柴戸海と伊藤敦が配され、右MF・関根貴大、左MF・汰木康也、そして武藤雄樹がトップ下気味に構え、最前線には興梠慎三が立った。これにより、浦和は今季新戦力の伊藤敦以外は全員が昨季からチームに在籍していた選手で構成された。

 対する柏はYBCルヴァンカップ・グループステージ第5節で用いた3-4-2-1ではなく、ノーマルな4-4-2システムで対峙した。勝ち点が伸び悩んで降格圏に沈む柏のネルシーニョ監督は選手たちに攻守に渡る積極的姿勢を指示し、前線からのプレスワークを強めつつ、バックラインも果敢に押し上げてチーム全体のコンパクトネス維持に努めようとした。

(残り 4016文字/全文: 4696文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »