2021Jリーグ第23節・札幌戦 リカルド・ロドリゲス監督「2週目でコロナにかかった選手がいて」

リカルド・ロドリゲス監督

立ち上がりは良い入りができたと思います。ただその後、相手のCKで失点して少し苦しくなりました。ただ、追いつくチャンスはありましたが、2−1にされるところの前後で相手がゴール前に迫ってきて、その後も相手に3点目を奪われる可能性はありました。というのは、我々も前に行かないといけない、点を取るリスクを冒していかないといけないなかで、そういったところが生まれてしまいました。ただ、同点のチャンスもありましたし、2−1になってからカウンターのチャンスがいくつかあったと思います、関根、ユンカーに。最後に決められるかどうかのチャンスはあったと思います。ただ、2点目だけじゃないですけど、ボールロストが。相手も前からはめてくるチームなので簡単ではないことはわかっていましたが、そこからのロストで相手にもっていかれた印象です。それでも結果だけ見たら、同点のチャンスはあったので、それに至らなかったのはすごく残念です。

Q 1カ月ぶりのJ1だったが、次はホームゲームで意気込みは?

(残り 280文字/全文: 722文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »