【サッカー人気5位】欧州組が占める日本代表を見て「隔世の感…

川崎と真っ向勝負! 槙野のゴールで劇的突破!【島崎英純】2021YBCルヴァンカップ準々決勝第2戦/川崎フロンターレ戦レビュー

©URAWA REDS

確信の0トップ

 浦和レッズは4日前の第1戦と同様に好スタートを切った。リカルド・ロドリゲス監督はメンバーを代えずに臨み、選手たちは前回得た手応えと川崎フロンターレへの対処策を携え、自信をみなぎらせてピッチを躍動した。

 川崎は第1戦でジェジエウ、車屋紳太郎の両センターバックが負傷交代し、その代役が求められていた。鬼木達監督はジェジエウをベンチ入りさせたものの、スタメンには山村和也と田邉秀斗を抜擢し、右サイドバックに登里享平、左サイドバックに橘田健人というバックラインを据えた。ただ、この急造布陣はやはりリスクで、試合序盤の浦和は相手の守備陣形の乱れを突くべく効果的なアタック&プレスを発動した。

 浦和の第一の狙い目は相手右サイドバックの橘田が受け持つスペースだった。本来はセントラルミッドフィルダーが適正の橘田は高いプレースキルを有するものの、サイドラインを背負ってのプレーにはぎこちなさを感じた。浦和は相手のウィークを見逃さず、ここに汰木康也と明本孝浩のツープラトンでプレッシャーを掛けた。そもそも今回の浦和は左肩上がりの攻撃陣形を目論んでいたように思え、明本の位置取りは高く保たれていた。そして、この左肩上がり陣形は浦和のビルドアップスキームにも多大な影響を及ぼしていた。

(残り 4772文字/全文: 5386文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »