【サッカー人気5位】両監督の狙いが出た試合、松本山雅戦

2021Jリーグ第33節・柏レイソル戦 仲間隼斗「相手の攻撃のクオリティが高かったことも認めざるを得ません」

●仲間隼斗

Q 後半から出場で、3点ビハインドの状況では点を取りに行くという状況だと思いますが、どのようなタスクがあったのか、どう攻撃をしていくのかの狙いはありましたか?

(残り 1203文字/全文: 1286文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »