【サッカー人気1位】【J激論】天皇杯で”惨敗”相次ぐ。風雲…

2021天皇杯準々決勝・ガンバ大阪戦 井手口陽介「攻撃、守備の最後のクオリティの差」

井手口陽介
Q 先制点でプランが崩れたと思うが、試合の入りのイメージは?
直近のリーグ戦では相手に簡単にビルドアップをさせて、相手の思うようなサッカーをさせてしまったので、そこはさせないと思って、チーム全体で前からはめにいけていたと思うし、それも良い感じではまっていたので良かったんですけど、一番嫌だったカウンターでやられたので、そこはもったいなかったと思います。

Q リードを奪われた後、後半はどういったイメージで戦ったのか?
守備も攻撃も悪くないとみんな思っていたし、このまま継続していくことと、もう一段階ギアを上げて点を奪いにいくことを考えて入りました。

Q チャンスを作りながらゴールを割れなかったことで感じた課題は?

(残り 286文字/全文: 591文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »