【サッカー人気2位】【山雅探報】これからの松本山雅を本気で…

2021天皇杯準々決勝・ガンバ大阪戦 リカルド・ロドリゲス監督「決定的な場面で決めきれたのが今日で、チャンスだけで言えば前回の方が多かった」

リカルド・ロドリゲス監督
全体的に非常に良い試合ができたと思います。前半は2点取れたところと、いくつかの場面で相手のゴールに迫ることができたと思います。ただ、ここ最近の試合に比べると、そこまでの数ではなかったという印象です。後半に入ってからは、より相手にボールを持たれる場面が出てきてしまいましたが、ただその中でもカウンター攻撃は、キャスパー・ユンカーがピッチにいた頃は武器になったかと思います。その後入った小泉も非常に良い働きをしてくれて、ボールを保持するのに良い役割を果たしてくれたと思っています。

守る時間も短くし、ボールを握るために、彼はすごくいい仕事をしたと思います。他の選手たちも含めて、すごい良い入り方をしてくれて、うまく主導権を握れたと思います。ただ相手の方にもチャンスもいくつかあって、もしこれが1-2のような状況になっていたら、状況はより難しくなっていたかもしれませんが、守る方もしっかりと守れて、3点目を取れるチャンスもできていたので、全体的に通して見た時に良い試合ができたと思います。

Q ガンバ大阪とはリーグ戦で引き分けたばかりだったが、どのような改善をしたのか?
今回の試合に関してはメンバーの違いもありました。たとえば、キャスパー・ユンカーの特徴が生きたゴールもありました。リーグ戦は埼スタでやった試合でしたが、チャンスの数は多かったですし、入ってもおかしくないシーンも作れていたので、決定的な場面で決めきれたのが今日で、チャンスだけで言えば前回の方が多かったと思うので、どちらも良い試合ができたと思っています。

Q ボランチの選手もすごく良い働きをしていたと思うが?

(残り 440文字/全文: 1132文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »