今年のJ2大展望LIVE(1/18(火)22時)【J論】

確かに示せた現在地。最強王者に執念のドロー【島崎英純】2021Jリーグ第34節/川崎フロンターレ戦レビュー

©URAWA REDS

ホームチームの猛威

 やはり川崎フロンターレのポゼッションワークは凄まじかった。今回は特に右サイドの攻撃構築が切れ味抜群で、右ウイングの家長昭博がボールを溜め、インサイドハーフの脇坂泰斗がハーフレーンを取り、右サイドバックの山根視来がオーバーラップをうかがう構えは円熟の極みだった。浦和はアレクサンダー・ショルツ、山中亮輔、柴戸海、汰木康也を中心に囲い込みを掛けたが、相手の足に絡みつくボールになかなか届かない。また、川崎は逆サイドからインサイドハーフの旗手怜央も参入してきてボールに関わるため、浦和はその対処にも追われた。そしてゴール前には1トップのレアンドロ・ダミアンが陣取り、最奥の左エリアでは俊敏なマルシーニョが牙を研いでいる。浦和守備陣は相当なプレッシャーを感じていたはずである。

(残り 4447文字/全文: 4868文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »